ITのバイヤーが時短にチャレンジ+CPP資格受験記

ITシステム関連のバイヤーが時短で試行錯誤している様を共有したいです。時間を作って独力でCPP資格(購買・調達)に合格しました。

「実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス」を読んでいます(その6):作り笑いでも脳は楽しいと勘違いする

続きです。

いいストレスは元に戻れる。

刺激やストレスがないとおばあちゃんは元気がなくなり、物忘れがひどくなった。

体がなまる。

ストレスが多いとき、休む。一人の時間を作る。

旅に出る、のんびりするのは瞑想に近い。

 

ストレス・コーピング、気晴らし、いい面を見る。

本当に納得しないと軽減できない。

 

気晴らしをリストアップしておく。

旅行、コンサート、映画、自然、買い物。

こまめにできること。なるべく多く。難易度で分ける。

 

今日あったいいことを3つ書く。

感謝を3つ書く。

 

配偶者をなくすと立ち直るのに3ヵ月から3年。

心的外傷後成長、より強くなる。

長生きする。7から10年。

 

良い生活習慣、不幸せな人は酒、たばこ。

 

笑うと免疫力が高まる。

腹式呼吸で酸素が取り込まれる。

副交感神経が活発。

作り笑いでも脳は楽しいと勘違いする。

 

続きます。

「実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス」を読んでいます(その5):金銭による幸せは長続きしない

続きです。

ディーナーはどんな人が幸せか研究した。

利他的、幸せな人は長生き、四十代が一番不幸。

平均十年長い。修道女180人で差が出た。

幸せを計る5つの質問、人生満足度を7段階。

1 全く当てはまらない ~ 7 非常に当てはまる

1.ほとんどの面で私の人生は私の理想に近い。

2.私の人生はとても素晴らしい状態だ。

3.私は自分の人生に満足している。

4.私はこれまでの自分の人生に求める大切なものを得てきた。

5.もう一度人生をやり直せるとしても、ほとんど何も変えないだろう。

 

世界の平均 31~35、非常に満足、26~30 満足、21~25 少し満足。

20 どちらでもない平均、15~19 少し不満、10~14 不満 5~9 非常に不満。

 

カーネマン、ノーベル経済学賞、幸福は7万5千ドル 約9百万円までは収入に比例。

超えると比例しない。

アメリカの平均年収は7万5千ドルをわずかに上回る。

日本の平均年収は550万円なので少し上だと600万円。

金銭による幸せは長続きしない。

収入が増えれば増えるほど欲が出る。

仕事のプレッシャーや忙しさとのバランス。

 

続きます。

 

「実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス」を読んでいます(その4):自分がどのオウムか

続きです。

自分は好かれていないと悪い方向にもっていく。

捉え方の7パターン

批判オウム 他人を非難しがち、白黒

正義オウム 自分をまげず、xxすべき

負けオウム 他人と比べ落ち込む

あきらめオウム 自分にはできない

心配オウム 悲観的、すべてうまくいかない

誤りオウム 自らを責め自尊心を下げる

無関心オウム 我関せず、周囲の意欲を喪失させる

自分がどのオウムか自己判断できる。

何を学んだかで柔軟性を持つ。

 

レジリエンスが高まる4つの方法

I can, I have, I like, I am レジリエンスマッスルを鍛える。

 

I can 過去に困難を乗り越えた学びを思い出す。

どんな状況でも遂行できる。

 

I have お世話になった人を書き出す。

誰に相談したらと名前が出てくると安心。

 

I like 大切な人や楽しかったこと、幸福度が上がる。

 

I am 強みを考え、周りにも聞く。

繰り返し鍛え、ポジティブになる。

 

続きます。

「実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス」を読んでいます(その3):幸せの5条件

続きです。

セリグマン、うつ病の研究、学習性無力感、ストレスから逃れる行動をとらなくなる。

何をしても状況は変わらない。

 

幸せの5条件

Positive Emotion 前向きな感情

Engagement 今の活動に没入、フロー

Relationship 本質的なつながり

Meaning 人生の意味 立ち直りが早い

Achievement 成し遂げた感覚

 

ボンウェル 幸福度調査、レシリエンス、SPARK

situation 何が起きたか把握

Preception 感情を入れず受け止め

Auto Pilot どんな感動が自動で生まれるか把握

Perception 捉え方のパターン

Reaction 捉え方がどう行動に影響するか

Knowlegde その学び

 

続きます。

 

 

 

「実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス」を読んでいます(その2):職場以外に団体がない人は幸福度が低い

続きです。

能力と困難さのバランス、ちょっと上の課題。

マインドフルネス、悟り、今ここに集中。

飲むお茶に集中、なんでもよい。

ストレス低減、痛みや病気のため。うつ病、グーグルが能力開発に利用。

happyは短期的、ウェルビーイングは長期を含む。

セロトニンオキシトシンは幸せホルモン。

楽観的な人は成功は自分のおかげ、継続する。

仕事の継続率に大きな差。

ネガティブも含め自分を認める。

人とのつながりが幸せにつながる。

時間を投資する。

コレクティブハウス、スエーデンやデンマークの共同生活、子育ての協働、住民のふれあい。

狭く深いより幅広いほうが幸せ。

同居人数と幸福度に差はない。

友人が30人以上いる人は差がある。

団体は2団体を超えると差はない。職場以外に団体がない人は幸福度が低い。

理由は多様だから。違った刺激が得られる。楽観的になる。

無理に出かけなくてもよい。

 

続きます。

「実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス」を読んでいます:ポジティブ感情とネガティブ感情が3対1で人生が好転する

実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス
前野 隆司  (著)

を読み始めました。

日本人は世界一不安になりやすい。

遺伝子でセロトニン・トランスポーターSS型が多い。

ダメ出しを繰り返す。作りこみ、細やかなサービス。

未病で予防。

 

人は150人しか関係を築けない。

どう去れば幸せになれるかが分かってきた。

自己肯定感が高い、、、知見が蓄積された。

ポジティブな人だけがうまくいく、フレドリクソンでは、ポジティブ感情とネガティブ感情が3対1で人生が好転する。

100%である必要はない、バランスが大事。

 

ウェルビーイングとは心身ともに充実。

レジリエンス回復力、逆境から立ち上がる力、心が折れない。

PTSDになる人とならない人。

幸せには短期と長期、10年くらいと今、どちらもおろそかにできない。

短期にフロー状態、映画で感動、おいしいごはん。

フロー、集中してパフォーマンスが上がる、ゾーン。

主観的、時間を忘れて没頭。

悩んだり嫌なことを考えない。

 

続きます。

 

「最高のコーチは、教えない」を読んでいます(その9):中途半端は聞く耳をもたない

続きです。

うじうじ悩む、ちいさな課題を少しずつクリア。

 

3回言う。3回受け入れられなければ変わらない。

器用な選手は合っていなくても結果が出てしまう。1シーズン安定して初めて評価が得られる。

 

アドバイスはいいときに指導、成果を上げた時。これを続けるにはどうしたらいいか。

どん底でもいい。アドバイスはほしい。

中途半端は聞く耳をもたない。

 

長期的な目的がないから、小さな課題を設定する思考がない。

 

最適な距離感、サッカーのコーチはできなければコーチの責任。野球は選手の責任。

究極は選手が一人でなんでもできるようになること。教えない。

 

学び続けないコーチはやめるべき。

 

読了です。

自身の体験をもとにコーチングをしている点がよくわかりました。