ITのバイヤーが時短にチャレンジ+CPP資格受験記

ITシステム関連のバイヤーが時短で試行錯誤している様を共有したいです。時間を作って独力でCPP資格(購買・調達)に合格しました。

「ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力」を読んでいます(その6):先送りするとトラブルにはまる

続きです。 29.順番の効率を考える。 手順を書く。 チェックリスト。 ルーティンを文書化。 30.リスクは人によって違う。 先送りするとトラブルにはまる。 無為のリスク。 フィードバックでリスクに気づく。学ぶ。 検討から漏れた理由。 31.主体的…

「ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力」を読んでいます(その5):分解する量は長くても一時間

続きです。 見通しを考える。希望、納期。 関係者に連絡する。 やっていないなら、いつやるのか決める。 25.目的を知る。 知らないと面倒と感じる。 自分でその意味を考える。 何を得られるか。 満足感、成長、自己実現、貢献を考える。 他者への貢献。 …

「ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力」を読んでいます(その4):何をすべきか決まってないなら、次いつ取り組むかスケジュールする

続きです。 感情、事実、考えの順にする。 上司を効果的に働かせ成果を上げさせる。 上司の性格や仕事のやり方は変えられない。 上司に合わせる。 聞くことが得意か、読むことが得意か。 上司の目標は何か。苦手は何か。何をすればいいか。 技術のことはやっ…

「ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力」を読んでいます(その3):面倒ですね、でもやってみます

続きです。 14.ともに働く人達を理解する。 15.コミュニケーションは宣伝、まず聞く、期待を知る。 一般的な情報を提供する。 相手の価値観、目的。 16.情報だけを伝えない。 目的を伝える。 解説、アウトプットから考える。 読み手の目的を考える…

「ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力」を読んでいます(その2):行動は変えられる、感情は変えられない。

続きです。 9.Where,Why,How。 どこがよかったか、なぜうまくいった、次はどうするか、書く。 10.気質や個性、感情の結果、どう行動したか。 行動は変えられる。 感情は変えられない。 感情は第3者からは分からない、行動は分かる。 11.時間がかかっ…

¥ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力」を読んでいます:日常業務に追われ、重要なことを置き去りでないか

ドラッカーさんに教わった IT技術者のための50の考える力 恒川裕康 を読み始めました。 1.今日最も考えて取り組んだのはどんな仕事か。 何か工夫できることはないか。 2.1年後の自分を思い描き、貢献できることはないか。 3.軸を作る。 好きな言葉を50…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その8):完璧に近づける必要はない

続きです。 完璧に近づける必要はない。 心証が悪くなるのでは。 念のための確認が来る。 メールは1分で返信する。 読むだけは30秒。 移動中にメールチェック。 見る必要がないメルマガは、後でまとめてチェック。 自動振り分け。 1日一回チェック。 セミナ…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その7):質問がこないようにテンプレート化

続きです。 緊急・重要のタスクをやるな。 緊急はないはず。いつも追われている。 突発が入り、玉突きで別のが遅れる。 処理できるものは事前に、すべてを賞賛ラインで対応。 ムダが多いもの、会議、移動、メール。 自分でコントール可能なのがメール。 どの…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その6):スケジュールを俯瞰し、微調整を5分

続きです。 波に乗れる時間帯を知る。 30分で終わるが25分なら5分前倒しする。 気分が乗らないときは、頭を使わない作業に切り替える。 時間に余裕があれば順番を入れ替えられる。 午前中と夕方で集中力は倍違う。 営業は午前中にテレアポすると率が高い。 …

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その5):次は何をしよう、がパワーを消費する

続きです。 忙しいからできないでなく、組み込んでおく。 Todoはスキマにやる。 カレンダーに埋めておく。 メモに必要な情報を入れておく。 手順は手順書に。 チェックリストは必須。 考える必要がなくなる。 次は何をしよう、がパワーを消費する。 1日30%は…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その4):大きなタスクから入れていく

続きです。 時間割がないから、自分の作業時間を確保していない。 予定にないことはやらない。 その都度何をやるか考えるから疲れる。 無感情でこなすのがミソ。面倒だから。 かかる時間を見積もる。 3時間かかると思って1時間だったら、評価されるべきでは…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その3):ToDoリストには時間の概念がない

続きです。 互いが期限を守らないとお互いさま。 17時にいただいたら、1時間チェックして18時に提出しますので厳守で。 デッドラインを守る習慣を作っていく。 〆切日にスタートしてしまうクセを直す。 賞賛ライン。金曜18時が期限なら水曜18時までに。 相手…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます(その2):いつかやるは仕事でない

続きです。 考えることを減らす。 日用品は同じものをネットで購入。 新しいものは慣れるのに時間がかかる。 皆が注文するのは何か聞く。 ウィルパワー 意志の力を無駄遣いしない。 判断力で重要な決定は午前中。 何を自分で決めるかルールを決める。 優先順…

「仕事を高速化する「時間割」の作り方 」を読んでいます:記憶から来る勘違いが一番ムダ

仕事を高速化する「時間割」の作り方 平野友朗 (著) を読み始めました。 ダラダラしない。50分で10分休憩。 「あ、忘れてた」「あ、思い出した」は禁句。 ToDoリストに記録。 研修中のメモは表紙に。片付けるとき目に入る。 行動の通り道に。 忘れないように…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その9):3割は他のことに時間を使う

続きです。 当事者は損切ができない。 苦労は精神的キャパシティを大きくする。 3割は他のことに時間を使う。 5年、10年後をイメージして使い方を考える。 何が好きで、何が嫌いか、何をしたいか。 読了です。 コンサルがどう考え、どう進めているのかがよく…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その8):優秀な人ほど対人に無頓着

続きです。 ビジネスは相手があってのもの。 人間関係をうまくやれるか。 中身の比重が大きいか。 自分のことはしゃべりたい、聞き上手に。 好き嫌いはディテール。 優秀な人ほど対人に無頓着。 トップの心理学 1.会った瞬間で判断、3分。嫌と言うほど寄っ…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その7):良い課題とは良い仮説が見つかる課題

続きです。 トレードオフ 縦軸は投資規模、横軸はリスク。 新薬など新規事業、アメリカや中国への進出。 コンサルは経営の視点と現場の視点。 縦のギャップからアプローチ。 横のギャップ、販売と仕入れ、営業と生産。 良い課題とは良い仮説が見つかる課題。…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その6):誰でも儲かる方法、ただし短期でなら

続きです。 競争で小が大を食う必勝法。 世の中は競争を考えていない。 平均コストの罠、縦軸は利益率、横軸はお客さま。 8本は利益が出ている。5本は出なかったお客さま。 新興のB社がA社に勝つ方法。 利益が出ているお客さまにB社が値引きして売る。 フォ…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その5):切り口を変えると戦略が出てくる

続きです。 長い時間軸で考える。 10年、20年、同じ動き。 縦軸に市場成長率、横軸に相対マーケットシェア。 自動車用、重電用、一般機器用、その他、のポートフォリオ。 中身を変える。 新商品を加える、一般と特殊のグレード別にする。 顧客セグメント、A…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その4):どちらでもないのは生き残れない

続きです。 資源配分、どこかから手を抜いて、どこかに集中。 必ずどこかを捨てなければならなくなる。 中計 生産はコスト一割カット。 開発は新商品2割アップ。 営業は販促費押さえ、売上3割増。 部門別計画を足し合わせたものをホッチキス中計。 中計と戦…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その3):戦略を立てないとちょっとの風でポシャる

続きです。 全体観、弱みを補強するのか、強みを磨くのか。 考え方の好み。 弱みは無限で穴埋め地獄。 少なく覚えて広く応用できる。汎用のノウハウ。 強みだけを磨いて成功した人はいない。 格闘家は技には返し技、型は研究される。 一つ一つより、しなやか…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます(その2):形から入って、やって気づく、自分からコツを学び取る

続きです。 理解するとわかるの違いは、コツをつかんだか。 こなれる、はピンとこない。 経験を積まないといけない。避けて通れない修行。 自分でやる。 1.自分から動く 2.うける 3.スタンスを取る 4.信頼される スタンスはこちらがいいとかじ取りが…

「もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法」を読んでいます:お手本に接するだけでよい

もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法 知恵がどんどん湧く「戦略的思考力」を身につけよ古谷 昇 (著) を読み始めました。 仕事なんか誰も教えてくれない。 跳び箱を飛べるコツ、両腕で体重を支える感覚を覚える。 1.意気込み 2.手法テクニッ…

「ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく 」を読んでいます(その4):新設のポジションを担当する

続きです。 筋の通らないルールもある。 望む結果をもたらしているか。 際立つ努力をする。 新設のポジションを担当する。 新しい発見をする。 先陣を切って行動する。 反発を受けやすくなる。 変化に抵抗する人はいる。 成功の保証はない。 経験から学び、…

「ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく 」を読んでいます(その3):二歩ふみだす

続きです。 残念なニュース、悲しいお知らせがあります。 関心を示し、生活の様子を尋ねるだけで救える。 ほめるときは具体的に。 主語を私。 ぐちに、何かできることはありますか。 どんな行動をとれますか。 質問で相手も成長する。 ポジティブな影響を考…

「ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく 」を読んでいます(その2):周りの人の成長に何ができるか

続きです。 起業家 ニーズを捉える。 人が見ていないところに目をつける。 アイデアと勇気で刺激を与える。 取り組みが必要なことを見抜き、行動を起こす。 ムードメーカー 場を明るくする。 好意的。 気配り。 心地よい。 妥協しない指導者 励ますより、相…

「ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく 」を読んでいます:ささいなひとことでいい

ポジティブ・インパクト まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく ボブ・トビン (著) を読み始めました。 あなたが発する言葉や行動で、前向きな反応、変化感情をもたらす。 誰かの手本やヒントになる。 ささいなひとことでいい。 与えたい人を選ぶ。 耳を…

「考える力」トレーニングを読んでいます(その10):悩みを減らすには事実だけに絞ればいい

続きです。 紙に要点を書く。大きめがよい。 よって、したがって は使わない。 メモしてクズを消す。感情、予想、思惑、欲望、事実でないもの。 時系列に番号を振る。関係を結ぶ。 前例、自分の問題と同じもの、たくさん読んで様々な見解を知る。 大きな言葉…

「考える力」トレーニングを読んでいます(その9):いつも誰かの見解を探すようになる

続きです。 虹は七色ではない。観念。葉は緑。 言葉が現実を表していると思うと偏見。 アパレルは斬新な表現で風潮が変わったと思い込ませる。 常識は時代とともに変わる。 常識から自由になる必要あり。 特定の文化・地域・時代でしか通用しない。 世間的慣…

「考える力」トレーニングを読んでいます(その8):考えるとき誰かの意見をそのまま自分の考えにするか

続きです。 考えるとき誰かの意見をそのまま自分の考えにするか。 世間一般の考え方が現実には何の意味もない。実態がないイメージ。付和雷同。 マラソンでゴールから出発してスタートを得するような行い。 考える前から判断、先入観。 ベーコンは偏見をイド…